2007年10月21日

一人で出来ること。

今日はちょっと真面目なお話。

近頃の紀伊がログインする目的を3つ上げます。

まず第一番目はチャット。
気心の知れた人たちと歓談することが何よりの楽しみです。

次に、今一番遊びたいキャラを育てること。
今は神典巫女に夢中ですw

そして最後に、そんな人たちと今の夢中キャラで
色んな所に行けるようになる事。
いろんな事が出来るようになることです。

紀伊家の人たちと狩りに行き、
皆で行ける狩場を増やすため互いにクエストを手伝い、
また、野良で出会った楽しい人を紹介したりされたりしながら
コミュニティーの輪を広げています。

近頃では、新人さんなんかもチョコチョコと私設に顔を出してくれます。

こんなに人が出入りしてくれる事はとても有難く、
チャットが何よりの楽しみな紀伊にとって、
紀伊家はとても居心地のよい空間になっています。

けれど、来てくれた方全てが定着していく訳ではありません。
性格の違い、遊び方や考え方の違いなんかで
いつのまにか来なくなってしまう方も居ます。

私には私のカラーが有るのでしょうし、当然紀伊家は
当主である私のカラーを色濃く落としているはずですから、
その色が合わない人にとっては居心地が悪く感じるでしょう。

つまり、このあたりが私一人が出来る事の限界です。

「大名家」という巨大なコミュニティーを一段高い視点で見たとき、
そこには単に「家紋」という理由のみで繋がれた、雑多な人の集合体が有ります。
多少の利害は共有しているものの、ほぼ他人同士。

国として強くなるという事は、そんな他人同士のどれだけが
同じ気持ちを共有出来るかだと紀伊は思います。

気持ちを共有するには、常日頃から多くの仲間が集まる空間が必要です。
ですが人が集まる所、どのような形態でその空間を作ったとしても、
必ず特定の誰かのカラーを色濃く落とす事になります。

そしてそのカラーが合わない人は、
その集団に定着できずに、はじき出されてしまうのです。

個人が主体的に動いた結果として出来上がったコミュニティは
必ずその主催者の色が強く映ります。 これは仕方の無い事です。

徒党の党首しかり、私設の開設者しかり、会議の運営者もまたしかり。

であるなら、紀伊家のような「小コミュニティ」が
一つの大名家内に数多く存在すればいいと、紀伊は思います。

そうすれば、その国の住人は自分の考え方や性格に合った小集団を
選択出来るようになり、一つの集団内で反りが合わなかったとしても
それが理由で他国へ行ってしまうような事は少なくなるでしょう。

近々、紀伊家では紀伊家の人員を主体に徒党を作り、
合戦参加してみようと考えています。

気心の知れた人同士、細かいルールや方針には囚われず、
その時楽しいと思った事をするつもりです。
マゲをしてみたり、N狩りをしてみたり、
思いついたように陣取りや陣を奪還してみたり。

以下、皮算用ですが…w
そんな徒党を一つ輩出する事が出来る私設集団が、10有ったとしたら、
合戦場に徒党が10個、人数にして70人の人が合戦に参加する事になります。

外交だとか、献策だとかは紀伊には良くわかりませんが、
国が強くなるとは、そういった事なのではなでしょうか?

以上で、紀伊國家はじまって以来?w の
真面目な話の締めくくりとしたいと思います。

注:SS加工するのサボりたかった訳じゃありませんよw
posted by 紀伊 at 12:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
氷室杏奈です。メッセージちゃんと届いてるといいですけど、五丹ください^^; ノ
Posted by 杏奈です。 at 2007年10月21日 21:58
北条との厳しい合戦のなか、紀伊家の皆様が頼もしく思える今日このごろ。非常につらいですが共にがんばりましょう!

さて、貴家所属の北原さんは武田家・斎藤家双方にキャラをもってますが、今回の合戦でも双方で参戦されていますね。

だからどうした、ということかもしれませんが、一般斎藤民からすると、甚だおもしろく無い状況です。上司は討ち取られて、または、乱戦で屍になってしまっている同胞がいたかもしれません。

家長としてこの状況はどのように考えてるのでしょうか?

一方からの参戦のみにしていただく。、それが出来ないのであれば、斎藤家私設チャット同盟に彼の方が所属されるのは不適当だと
感じますので、除名するのが正しき対処かと。

ぜひ家長の思いと彼の方の弁明をお聞きしたいです。
Posted by とある斎藤民 at 2007年11月03日 22:55
困った事ですねw

私としては結局どちらで参戦するも本人の意思と思っています。

ただ本人の意思は、近々武田を抜けようかという所で
揺れていらっしゃるようです。

この度の参戦も本戦への参加は無いと伺ってます。
紋価値上げ程度の前哨戦参加にまで紀伊は目くじらを立てる気は無いです。

が、つい昨日、前哨戦で私と遭遇したことで北原さんはひどく落ち込まれ、
以来前哨戦にも参加していないようです。
私は「それぐらい気にしなくていいのにw」と言ってあるのですけどねw

それとは別に「斉藤家、施設チャット同盟」ですが
やってはみたものの、集まりもアンマリ…
どうも怠け者の紀伊には荷が重いようですw
ですので、近々「斉藤家」の看板を外そうかと思案してます。
幸い参加してくださってるグループ数もまぁ… アレですしw

なかよしグループとして
「紀伊家」と同盟を組んでくれる私設グループを
国の内外を問わず紹介していくといった形に組み替え、
もっとお付き合いの幅を広げていく事になるかもしれません、
未定ですがw

最後に、この件に関して北原さんが特に弁明する必要は
無いんじゃないかなー?と紀伊は思っています。
どうするかは本人の自由ですけどっw

以上で説明になっていればよいのですけど^^


= あとがき =

今回とくに北原さんに対して、あまり良くない視線が
寄せられていることは紀伊もなんとなく知っていました。
ですので、よい機会だと思ったのでコメント回答しましたが
紀伊は基本的に誰だかわからない人のコメントには返信しませんし
それ所か、怖いので消してしまう事がほとんどですw

ですから追加の質問などの返信は期待しないでください。
「どーーしてもっ!」という場合は、やはり
ゲーム内で本人にお伺いするのが一番だと思います^^
Posted by 紀伊 at 2007年11月05日 21:25
 匿名の方にコメントする紀伊さんを初めて見たかも。
Posted by のだめ at 2007年11月07日 06:48
五位 北原ハジめ 475 Pointだぬ
Posted by ネタ at 2007年11月07日 20:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61704899

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。